teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


『鞭と髑髏』を拝読して

 投稿者:Clarice  投稿日:2014年11月 4日(火)00時05分31秒
返信・引用
  はじめまして。
百合小説をネットで検索していたところ、たまたまこちらのサイトにたどり着き、『鞭と髑髏』を拝読して、受けた感銘をお伝えしたくてメッセいたします。以下、長文をお許しください。

私が本作を拝読して強く感じたのは「奴隷としての幸福」でした。大公女殿下として、国民の代表、あるいは偶像として、生まれた時から責務を負わされてきたクラリス姫。そんな彼女が、一時の苦痛と悲しみを経つつも、最終的にはその身を委ねきることができる「主人」を見つけ、奴隷となり、幸福へと至る…。本作は、その過程がなんと繊細に描かれていることでしょう!
私自身は、いわゆるサブカルチャーとしての『百合』は大好きな女ですが、本来の意味での『レズビアン』ではありません。正直に申して、付き合ってきたのは皆男性でした。しかし本作を読み進めていくうち、何時しかクラリス姫と、自分自身を重ねていました。
私は現在、仕事で責任ある立場を任されてしまい、上に立つ立場の辛さを身に染みて感じてきました。そんな中で、大きな存在に身を委ねる安心さを、クラリス姫に感じたのかもしれません。そしてそれ以上に…。美しく絶対的な主様から鞭の打擲を浴び、痛みの中に愛を感じ、被虐の奥に快楽を見出す…。先述の通り私には同性愛の特性はないと思いますが、本作品で自身に潜むマゾヒズムには気づいたような気がします。
私が最も好きなのは第4章、三角木馬のシーンです。痛みと恥辱をもって絶頂を迎えた時、公女は奴隷になったのだと、私は解釈しています。禁断の快楽に目覚めた姫君は、とても淫らで美しかったのでしょうね…。
クラリス姫は、本当に貴く、美しく、そして淫乱な(笑)女の子だなあ、と思います。現実世界で生きるしかない私に代わって、奴隷として幸福に生きていってほしいと思います。ヘルガお姉様から(もしかして、時にはラナちゃんからも?)厳しくも愛ある調教を授かりながら…。

長々ととりとめない文章を書いてしまい、申し訳ありませんでした。作者様、この作品を生み出してくださり、本当にありがとうございます。
いよいよ寒くなり雪も降る季節ですね。どうぞご自愛くださり、これからも素晴らしい作品を書かれるよう、応援しております。
 
 

ご無沙汰しておりました!

 投稿者:ユリビアンスキー  投稿日:2012年 8月13日(月)20時50分23秒
返信・引用
  前略 館長様
 ユリビアンスキーです。残暑お見舞い申し上げます。約2年近くご無沙汰しておりました。なにとぞお許しを。
 現在一時帰国中です。今度は天津市に赴任予定ですが、さてどうなることやら。
 ここ2年ほど、百合アニメはすっかり落ち着きましたね。2001‐2009年の怒涛のような百合アニメブームが懐かしい。
 ただ、百合漫画のほうはしっかり市民権を得たようで、非常に喜ばしい限りです。帰国するたび、大通(わたしも館長様と同郷です!)の「とらのあな」で物色しています。ちなみに、いまや中国地方都市の書店事情は壊滅的で、漫画本の入手は絶望的(要するにみんなネットオークションで購入)。かえってネットで読むほうが一般的です。あまりいいことではないのですがやむを得ません。かくいうわたしも現地で「ガルフレ」やら「咲」やらの中国語版を読んでます。
 そうそう、NOIR実写化の話、現在中断のようです。ちょっと期待していたのですが残念。
 というわけで、とりあえず一時帰国のあいさつと近況報告。それではまた。草々
 

新年度ハード

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 4月13日(水)20時49分59秒
返信・引用
  震災から一ヶ月経ったのに、まだ心配事が尽きません。
トムさん、今もご連絡をお待ちしています。
そんな状況じゃ無かった、ということであるだけだったという
ことを祈っております。

現在「赤と黒」第21話の翻訳は18KBまで進行。
まだ20分の1以下(汗)
風呂あがりのミレイユが黒のブラとパンティをはく姿を見て
オギオギしてる霧香が、ミレイユに似合うのはパンストよりも
ガーターストッキングの方が上端からの絶対領域がイイっ!とか
延々と脳内暴走しているんですが。

HP作成ソフトの選定ですが、一時「BiND」を候補に挙げて
体験版をいじったりしたのですが、ちょっと不満が残りましたので
白紙に戻っています。

オイラがHP作成ソフト更新に望む点は以下の通り。
1:現在のHPをいったん全て読み込むFTPがちゃんとしたもので、
  それを元に改変できる仕様になっているもの。
  (BiNDがダメだったのはFTPを他ソフトに任せている点でした)
2:ファイル数が膨大な数になっているので、これを効率よく改変できること。
  できれば複数のファイルをいっぺんに改変できるとなおよし。
3:テキスト主体のサイトなので、このあたりに親切なこと。ショップサイト作りとか
  どーでもよろしいのだが、最近はこの辺ばかり特化しているようだ。
4:読者の感想の書き込みを気楽にできるような仕様にしたいので、そのへんに
  配慮があること。ブログのコメント欄のようなものを各ファイルごとに設置できれば
  良いなと思うんだが。

ツイッターなどのSNSと連動するようなものが流れなのかなあ、とも思うんだが
利用登録しないと使えないのでは不便かなあ、とも。

ご意見・ご助言を乞う。
 

震災後

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 3月20日(日)18時57分23秒
返信・引用
  震災にて苦難の渦中におられる方々へのお見舞い申し上げます。
まもなく旬日を経る中も、まだまだ惨状のさなかで苦衷に苛まれて
おられる方々が早く支えられるように祈っております。

札幌にある当館と館長は問題なく生活しております。
東北からの来館者の各位がご無事でいることを願っております。
トムさんご無事でしょうか?


このような中でどうでもいいことですが、サイトとして
総体的な再構築を図りたいと常々考えてきていたのですが、
いよいよ今年こそリニューアルに踏み切ろうと考えています。

トップに記載しているように、当館はいまだに「ホームページPro」
というMacOS9ベースのソフトでデザインし、更新しております。
使い慣れたソフトゆえにどうしても手放せず、今に至っています。
しかしながらあまりに古いソフトのために、現在のウェブにおいて
多くの制約があり、館長の希望する機能を載せることも、何より
来館者の読書環境の快適さに欠けていることは明らかです。

現在、読者の要望と館長の期待にこたえられる機能を持つサイトデザイン
ソフトを購入することを考えています。ただ、正直に言って市販のサイト
デザインソフトは当館のような「テキスト主体のサイト」にはそぐわない
面が多いようで、現在もまだ検討しております。

来館者諸氏からのサイト構築に関するご意見やご要望があれば
ぜひともご遠慮なくお寄せいただければ幸いです。
 

料理開始、しかし

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 2月24日(木)22時17分41秒
返信・引用
  「赤と黒」第21話のテキストにいよいよ着手…
まだ山のような材料を前にして、とりあえずタマネギ一個、
その一枚目の皮を剥いた程度ではあります。

そして最初の一文いきなり「crease」という一単語だけで
足を取られてしまった(汗)
これ、「(服を)くしゃくしゃにする」と「(服に)折り目をつける」
と二つの意味があって、正反対じゃねえかよっ、とツッコミ。

しかしそこを数時間がかりで乗り越えるてみると、

「風呂あがりでバスタオル一枚のミレイユを、ぼけーっとした
ふりをしてガン見しっぱなしの霧香」

という愉快なシーンが浮かび上がってまいりました(笑)

まだ全体の百分の一程度(汗)
 

今年最初の開架

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 2月20日(日)22時10分50秒
返信・引用
  年末からダラダラと終わらなかった翻訳がようやく完成し、
昨日開架しました。

スレイヤーズ!翻訳「For the Money!処女買います」
リナ+ナーガの18禁になります。

ちょっとナーガ様にしちゃ純情すぎね?とは思いましたが
こんな一面もあってこそではないかと(笑)


さて、17日にWeb拍手でコメントいただきました。

>まさか天地無用の、しかもりょーことあえかのSSが見れると思って
>いなかったので、見つけてものすごく感動しました…。もうずいぶん
>前の作品となってしまいましたが、またいつか新作の翻訳作品が
>読めることを心待ちにしています。

ありがとうございます。さすがに息の長い海外でも天地無用の
ファン小説は絶えて久しくなってしまいました。天地二次作品を
集約していたサイト「TMFFA」も開店休業状態になってしまいましたし。
個人的にも好きなカップルなんですが…。
どの作品をお読みになったのか、ご感想などいただければ幸いです。
 

鬱だ氏のう状態

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 2月 7日(月)19時45分47秒
返信・引用
  風邪が長引いて、身体どころか精神を病んで鬱気分(汗)
ツイッターで愚痴を繰り返す毎日。更新も翻訳もほったらかし。
ほんと氏ねばいいと思うよ自分。

で、1/23にいただいていたトムさんのコメントでした(汗)

>おはようございます。同じく一週間以上風邪をひいているトムです(笑)
>新しいホムペソフトへの移行は、バージョンに開きがあればある程大変
>ですから迷いますよね。私の職場でもホームページではありませんが、
>業務ソフトのファイルメーカーproの移行をしたのですが、あまりの
>しんどさに担当者が「新規に作った方が早い!」と泣いていたのを
>記憶しております・・・さて、21話が20話の3倍の量があるとのこと!
>作者詰め込みすぎだろ、とつっこみを入れたくなると思いますが、
>気が向いたときにゆったりまったりとどうかよろしくお願い致します。
>とりあえずお互い風邪の菌を追い出しましょう(笑)それではこれで失礼します。

今年の目標はもう、21話を無事に年内にアップすること、だけかも。
そして、もう一つの目標は「死なない」だな(汗)

ホームページの管理ソフトの切替は、その気があればできるはずなんです(汗)
実はDreamweaverの旧バージョンすら持ってはいるんですが、これがまた
複雑すぎて(汗)
で、操作の優しいソフトを探しているんですが、どうもそういうソフトは主に
画像メインのサイトを念頭に置いているらしくて、うちのようなテキストが
見栄えするホムペ作るのはどうなんだか…。
しかもファイル数がそれなりに膨大なので、それをインポートするだけでも
うまくいくのかどうか。

しかし、現状に不満であるのは確かなので、何とかしたいところ。
 

こじれる鼻と喉の風邪&やっと進み出した翻訳

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 1月13日(木)23時02分34秒
返信・引用
  もう一週間以上経つのに、鼻と喉がガサガサだ(汗)

リナナガ・スレイヤーズ翻訳、年末からずっと取り組んでいたのに
さっぱり文意が掴めなくて全然進んでいなかったんだが、無理して
ちょっとずつやっていたら、急にクセがわかるようになり、ああそうか
そういう流れか、と、こっちは鼻がスッと通ったような感じで読める
ようになった。

原題「Naga has her way with Lina」どんな訳にすればいいのかなあ。
ナーガはリナの扱いに慣れている、という意味なんだけどね…
「貴女のことはお見通し」なんてどうかなあ。

で、ずっと見落としていたんだけど、この作者Rob Vincentさんは
d-landさんのイラストにインスパイアされてこれを書いたらしい…
あとがきに書いてありました。ただ、それに該当する絵がどれなのかは
よくわかりませんでした。もしかしたらアップされてたけど今は降ろした
作品なのかな…。

まだ半分も訳してないので、訳の完成はもう少し先になると思います。

http://www.queenzbee.com

 

風邪薬がほしい

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2011年 1月10日(月)17時56分25秒
返信・引用
  数日前から風邪をひいたまま。
雪と寒さで外出できず(外出たら確実にこじれる)
こういうタイミングで置き薬がない。
風邪薬ぐらいネットスーパーで売れよ。この点に関しては三木谷に全面同意する。

年またぎのサイト更新まだできていません。
やっぱりもう新しいホムペソフトに移行するべきなのか。
しかし今のサイトを新ソフトに対応するように作り替えるのって
どれだけ手間がかかるのかわからない(汗)

1/5にいただいたトムさんのコメントです。
>おはようございます。実家から戻ってきたら、風呂のボイラーが壊れていたトムです(笑)
>サイトの更新お疲れ様です!「赤と黒」の感想ですが、20話は、平穏という名の砂時計の、
>最後の一粒が落ちるまでの話。と同時に、霧香への愛情が、自制心というコップから溢れ
>だすまでの砂時計でもあると感じました。ミレイユが自分の殻をすべて脱ぎ捨てた瞬間。
>それは意外なほど自然に穏やかに訪れ、いい意味で予想を裏切られました!
>個人的には、霧香の腕の中で悶えるミレイユも可愛かったのですが(笑)これからは
>そんなこともなくなりますね。また、霧香がミレイユのことでやきもきしたり、目から
>涙がこぼれたりする場面では、読んでいるこっちが悶えてしまいました(笑)
>今回も、すばらしい作品をありがとうございます!あとは大団円に向けて「ふたり」で
>無事にパリへ帰還するだけですが、今後も少しずつよろしくお願いします。
>それではこれで失礼します。

ありがとうございます。いよいよ直接対決になりそうな21話なんですが
確認したら21話の原文テクストは378KBもあるということに気づき
気が遠くなりそうです。ちなみに当然ながら最長不倒のボリューム。
20話が126KBだから3倍の量がある(汗)今年中にできるのかなあ。


「スレイヤーズ」翻訳やってみたんですが、なんかヘンな英文で、さっぱり
意味が通じないんだよなあ。ブロークンというか、こなれすぎているというか
たぶん日本語だと「あれが何してそういうことなのさ」みたいな言い回し
なんじゃないのかな。でも、ネタは好きなんだよな。
「行きがかりでバージンをナーガに金で売るハメになるリナ」という
シドイ話で、でも純愛という(笑)

とりあえず風邪を治してから。

http://www.queenzbee.com

 

良い新年を

 投稿者:フィメール・トラブル@館長  投稿日:2010年12月31日(金)00時31分26秒
返信・引用
  今日の昼に実家に移動します。3日には初詣を終えて戻る予定。

年内に一本仕上げようと思ったんだけど、なかなか難物で無理でした。
ゆるゆるやります。年始開けたらすぐ仕事だし。

サイトの更新は年が明けてからやります。更新履歴や、壁紙公開の終了など。

来年は都条例の剣もあって同人活動の冬がさらに厳しくなりそうで、
前途多難ですけど、とにかくしぶとくやっていきましょう。

絶望するな、では失敬。

http://www.queenzbee.com

 

レンタル掲示板
/64