teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


金亀会報&WGC&レス

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月21日(火)23時26分9秒
編集済
  彦根東高校の同窓会である金亀会の会報に(発行部数25,000以上)、彦根東高校囲碁部に関する私の原稿を掲載していただきました。

囲碁部の活動の様子を全国のOB・OGに知って頂いくことができて、良かったです。

今後もOB・OGの支援を頂いて、ますます充実した活動ができるように頑張っていきたいものです。



世間はWBCの話題で持ちきりですが、囲碁界ではWGC(ワールド・碁・チャンピオンシップ)に注目です。

昨日は、全国選抜大会から帰ってきたばかりでしたが、再び大阪を訪れ、招待していただいた前夜祭に出席致しました。

日中韓のトップ棋士と人工知能の対戦、国際戦であり、人間と人工知能の戦いでもあり、優勝賞金も破格の3000万・・・注目です。



レス

清流さんへ

ありがとうございます!

生徒たちは実力を出し切り、さらに幸運にも恵まれ、見事な全国3位でした。

次の目標に向けて、さらに皆様に応援していただけるクラブを目指して、来年の夏の勝負に臨みたいと思います。
 
 

全国3位入賞おめでとう

 投稿者:清流  投稿日:2017年 3月21日(火)07時24分25秒
  全国高校囲碁選抜大会で、女子団体戦全国3位入賞、誠におめでとうございます。輝かしい業績に対して、心からお慶び申し上げます。日頃の囲碁部員の懸命な努力と、syujo先生の指導力の素晴らしさに敬意を表します。彦根東高校囲碁部で、かつて囲碁に打ち込んだ1人として、大きな誇りと自信と、さらに今後囲碁の道に生きようという力を与えて下さったことに感謝します。世の中には、楽しいことや面白いことや生き甲斐を見出せる分野は、数多いと思いますが、囲碁という世界のみを探求して行ってもそれがあると思います。囲碁は強くなればなるほど、その深み、面白さ、素晴らしさが分かると言われます。私も、もっと強くなりたいと思います。  

第11回全国高等学校囲碁選抜大会

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月21日(火)06時38分29秒
  「高校囲碁界の春の甲子園」こと、第11回全国高校囲碁選抜大会が3月18日(土)~19日(日)大阪府東大阪市の大阪商業大学で開催されました。

彦根東高校女子が、女子団体戦でまさかの全国3位入賞を成し遂げました!

滋賀県勢の高校囲碁界での全国3位以内は40年近い歴史の中で一昨年の準優勝に続いて2回目となる快挙です!

読売新聞の記事はこちら

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00050107-yom-ent

関西棋院のHPはこちら

http://kansaikiin.jp/wp/2017/03/18/%e3%80%8c%e7%ac%ac11%e5%9b%9e%e5%85%a8%e5%9b%bd%e9%ab%98%e7%ad%89%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%9b%b2%e7%a2%81%e9%81%b8%e6%8a%9c%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%80%8d%ef%bc%91%e6%97%a5%e7%9b%ae%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%9b%a3/

大会結果は以下の通り

男子団体戦
【優 勝】埼玉県立浦和高等学校(埼玉)
【準優勝】洛南高等学校(京都)
【第三位】埼玉県立春日部高等学校(埼玉)
【第四位】桐蔭学園高等学校(神奈川)
【第五位】開成高等学校(東京)

女子団体戦
【優 勝】栃木県立栃木女子高等学校(栃木)
【準優勝】兵庫県立西宮高等学校(兵庫)
【第三位】滋賀県立彦根東高等学校(滋賀)
【第四位】白百合学園高等学校(東京)
【第五位】宮城県仙台第二高等学校(宮城)

男子個人選手権戦
【優 勝】埼玉県立春日部高等学校(埼玉) 中島光貴さん  2年生
【準優勝】長崎県立島原高等学校(長崎) 松本直太さん  2年生
【第三位】洛南高等学校(京都) 今分太郎さん  1年生
【第四位】筑陽学園高等学校(福岡) 寺下龍太郎さん 2年生
【第五位】埼玉県立春日部高等学校(埼玉) 林 隆羽さん  1年生

女子個人選手権戦
【優 勝】京都府立東宇治高等学校(京都) 山本香菜さん  2年生
【準優勝】広島県立尾道北高等学校(広島) 福島あきらさん 1年生
【第三位】藤村女子高等学校(東京) 大垣美奈さん  1年生
【第四位】栃木県立栃木女子高等学校(栃木) 毛塚瑛子さん  2年生
【第五位】秋田県立横手高等学校(秋田) 髙橋千穂さん  2年生

男子9路盤戦
【優 勝】岡山県立岡山大安寺中等教育学校(岡山) 尾崎達郎さん  2年生
【準優勝】鶯谷高等学校(岐阜) 水野雄仁さん  2年生
【第三位】埼玉県立浦和高等学校(埼玉) 谷川大知さん  2年生
【第四位】洛南高等学校(京都) 加納 亮さん  1年生
【第五位】真和高等学校(熊本) 板垣友輝さん  2年生

女子9路盤戦
【優 勝】長野県松本深志高等学校(長野) 林田夕夏さん  2年生
【準優勝】愛知県立長久手高等学校(愛知) 羽根蘭佳さん  1年生
【第三位】四天王寺高等学校(大阪) 岩本芙紀さん  2年生
【第四位】宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校(宮崎) 田中しおりさん 1年生
【第五位】宮城県仙台第二高等学校(宮城) 山崎真瞳子さん 2年生

彦根東高校の結果

女子団体戦
彦根東(武立・堺・田中)0-3 栃木女子(栃木)
彦根東(武立・堺・田中)2-1 真和(熊本)
彦根東(武立・堺・田中)3-0 秋田北(秋田)
彦根東(武立・堺・田中)3-0 京葉(千葉)

全国3位入賞



今回の女子団体戦、戦前の評判は、昨年の覇者、栃木女子の優勝メンバー全員が残り、さらにパワーアップしており、個人12戦全勝もありうる1強状態です。

続く2番手グループが、主将副将の2枚看板が強力で、昨夏全国4位で近畿選手権を優勝した県立西宮と、主将が高段者で3人とも有段者である昨春全国5位の白百合学園の2校。

4番手グループは、いずれも副将が有段者の実力のチームということで、彦根東、洛南、真和、仙台二、秋田北、京葉、鶯谷あたりが続きます。

直前練習では、男子部員を「仮想栃木女子」、「仮想洛南」と見立てて練習試合をしたり、今大会から導入された秒読みの練習も行いました。

まず組合せ抽選の結果、初戦でいきなり優勝候補の栃木女子と当たることに。

3子以上の棋力差があると思いますが、非常によく食らいつき、3局とも秒読みに入る大熱戦でした。

主将戦は直前に検討した形がそのまま出てくるなど、優勢に打ち進め、最後は地力の差が出て大差になりましたが、大健闘といってよい内容でした。

三将戦も各所で地を稼ぎ、最後は中央を凌げば勝ちという場面まで持ち込みました。

そして、シノギの手が見え、これは勝ったかと思った矢先、本人はシノギが見えていなかったようで、着手を迷っているうちに時間が切れ、残念ながら0-3で負けてしまいました。

しかし、ここはスイスのポイントを稼いだと良いように解釈し、残り3戦をしっかり勝って、最後はスイス方式の運にかけるよう気持ちを切り替えました。

また、なるべく秒読みに入らないように時間のペース配分を考えることと、秒読みに入ったら打ち切ることを最優先という方針を再確認して以降に臨みました。

2回戦以降も骨っぽいヤマに入ってしまい、真和、秋田北、京葉と厳しい戦いが続きました。

しかし、選手たちは日頃の実力を充分に発揮し、詰碁と練習試合の効果か、特に石が競り合ってからは力を出してくれました。

そして、直接対決では少し分が悪いと思っていた白百合にスイス方式のポイント差で上回り、価値ある全国3位を勝ち取ることができました。



今大会から40分切れ負けではなく、35分+10秒の秒読みという方式に変更しました。

時計のたたき合いがなくなり、丁寧にヨセが打てるため、半目勝負も多く、碁の質もずいぶんあがったと評判でした。

他の大会も、最新式の対局時計がそろい次第、順次この方式が採用されるとよいと思います。

また私は、今年も高等学校文化連盟全国囲碁専門部副部会長として審判を務めました。

関西棋院の牛窪九段、滝口九段、今村九段、勝間七段、藤原六段らとともに大会パンフレットに名前を載せていただき、開会式ではステージ上で紹介していただきました。

また、昨年に続き,飯吉会長が公務で初日不在のため、団体戦の表彰式のプレゼンターも務めました。

全体的に審判をしていてハラハラドキドキ、大熱戦の連続でした。

また、開催期間中、関西棋院の棋士たちは精力的に指導碁をこなしておられ、選手にとって思い出に残る良い大会となりました。

夏の全国大会で、さらにパワーアップした高校生たちにまた出会うのが楽しみです。

もちろん、強い新1年生も入ってくるでしょう。

彦根東高校も負けないように頑張りたいですね!

これで彦根東高校は全国2位から8位まで、すべての順位を取ったことがあります。

取ったことがないのは・・・

究極の目標に向けて、また精進していきます。



来週末土曜日は米原こども囲碁教室との合同練習会、日曜日には長浜会長杯に出場します。

新年度に向けて、更なるレベルアップを目指して頑張りたいです。
 

速報

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月18日(土)22時55分3秒
  全国高等学校囲碁選抜大会、彦根東高校まさかの全国3位入賞です!
生徒たちはよく頑張りました!
 

明日から全国選抜

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月16日(木)22時01分32秒
  いよいよ明日から全国高等学校囲碁選抜大会です。

この大会のために、生徒たちは一生懸命練習してきました。

平常心を保ち、練習の成果を発揮してくれることを願っています!

皆様、応援よろしくお願いします!



レス
棋譜ならべは100手早並べ、30手暗記などいろいろな方法があります。
私は解説を見ながら勝負がつくところまで並べることにしています。
手筋、詰碁とも簡単な問題を繰り返しやるのが大切です。
初段なら五段の詰碁を1問解くより5級の詰碁を5問解いて完璧にする方が重要だと思います。
勉強も囲碁も、背伸びせず、基本を大切にすること、繰り返すこと、習慣にすることが大事です。
囲碁の強い先生は確かに数学の先生であることが多いです。
論理的思考力に感性や勝負勘を加えた適性があるかどうかが囲碁の才能を決めるように思います。
 

プロの棋譜並べについて

 投稿者:清流  投稿日:2017年 3月16日(木)11時26分23秒
  ①ストッポッチで時間を計り、100手ぐらいまで、できるだけ早く5回ほど並べる方法、②50手くらいまで完全に暗記する方法、③解説を読みながら1手、1手並べてみる方法などがありますね。(私には、棋譜を最後まで並べるとか、③の方法は、難しすぎて集中力が続きませんし、眠くなります。笑い。)呉清源、道策、秀策、加藤正夫、趙治勲、武宮正樹など、世の中には素晴らしい棋譜がありますね。依田さんなどは、棋譜並べを薦めていますね。やはり、強い先生に打ってもらって、勝負手や我流の悪い点を指摘してもらうのがいいですかね。(私は、詰碁も少し難しいと根気がなくて長続きしません。笑い。)趙治勲の1手の詰碁などが良いですかね。手筋の優しい問題演習もいいですね。囲碁の強い人は、やはい読みの深さ、直感・感性の素晴らしさ、対局判断や形成判断の正確さですかね。ちなみに、囲碁の強い先生の中で、数学の先生は約80%ですね。(文化系人間には、囲碁は向いていないのかな?笑い)  

レス

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月14日(火)18時43分18秒
  清流さんへ
実戦、詰碁、棋譜ならべは上達の3大練習法ですね。
実戦は自分より2~3子強い人などできるだけ強い人と打ったり、大会で真剣勝負を経験するのがよいと思います。
詰碁より手筋の方が大事という人もいますね。
棋譜ならべは意見が分かれるところで、全く不要という考えの人もいれば、上達には欠かせないという考えの人もいます。
彦根東高校囲碁部の活動場所には私自身の目で厳選した本のみ置いています。(結構偏りがあります)
上達の環境が整っています。
理想は京都囲碁道場のような形で部活動をしたいと思っています。
 

囲碁の上達について

 投稿者:清流  投稿日:2017年 3月14日(火)11時28分32秒
  syujo先生の「囲碁上達法」を改めて読みました。①実戦②詰碁③プロの棋譜並べですね。猿真似式に、単純にこの3つを実践してもなかなか強くなれないと思います。①、②、③の中味・方法・考え方が大切だと思います。全国には、何をやっても、どれだけやっても、強くなれなくて、悩んでいる人も多いと思います。(実は私はその1人です。)昨日、「眠る前の小さな詰碁」(平本弥星)と、イ・セドル(李世ドル)の名局撰集を買いました。少し、①、②、③のヒントを得ました。興味ある人は、研究して見て下さい。syujo先生、いつもありがとうございます。  

レス

 投稿者:syujo  投稿日:2017年 3月13日(月)21時00分12秒
  清流さんへ
一昨日は滋賀県段級位認定大会にご参加いただきましてありがとうございました。
1年ぶりの囲碁はいかがでしたでしょうか?
ブランクもあり、結果は伴わなかったようですが、まずはリハビリも兼ねて楽しみながら囲碁の大会に参加してください!
 

高校生は強いですね

 投稿者:清流  投稿日:2017年 3月13日(月)13時46分42秒
  3月11日(土)、1年ぶりに碁石に触れて、初段認定大会に参加しました。結果は、彦根東高校囲碁部員と4局対戦して、全て大石が死んで中押し負けでした。(涙)。でも、これに懲りずに新たな気持ちで囲碁の試合にチャレンジしたいと思います。syujo先生、彦根東高校囲碁部員の皆さん、いろいろとお世話して下さり、ありがとうございました。  

レンタル掲示板
/76