teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


全国高等学校囲碁選抜大会展望

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 2月20日(水)19時45分16秒
編集済
  今年も読売新聞紙上で、高等学校文化連盟全国囲碁専門部副部会長の私が、全国高等学校囲碁選抜大会の展望を解説し、掲載していただきます。

私が出稿した記事は以下のような内容です。

男子団体
◎開成〇灘▲ラサール△彦根東
女子団体
◎洛南〇豊島岡▲札幌南△磐田東
男子個人
◎森田〇別府▲北芝△鈴木
女子個人
◎岩井〇加藤▲田中△辻
男子9路盤
◎永井〇杉山▲小笠原△牛尾
女子9路盤
◎芝野〇末永▲松田△中井

囲碁評論家の予想と併せてチェックすれば、おおよそ有力選手がわかると思います。

https://tomyaman.at.webry.info/201902/article_1.html?fbclid=IwAR2J-lAlXcdxE0KPuBwFylzLl7dSdH3O8XMm3JSgfGyJpBAI3pf1i0pXYgY

もちろん、ここにあがっていない有力選手もおり、彗星のごとくスターが誕生する可能性もあります。

囲碁ファンの皆様も、そうでない方も、ぜひとも高校囲碁選抜大会に注目してください!

なお、今年は高等学校文化連盟全国囲碁専門部会長不在につき、私が部会長代行を務め、挨拶、表彰状のプレゼンターなどを務めます。
 
 

滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会春季強化練習会兼級位認定大会の案内

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 2月20日(水)19時33分26秒
  3月10日(日)日本棋院関西総本部所属の円田秀樹プロ、佐々木毅プロをお招きし、下記の要領で囲碁の強化練習会を行います。

一般指導者(四段以上)、OB・OG(全国大会出場経験あり)、県内在住の小中学生(初段以上)の参加を募集します。

ふるってご参加ください。

◎◎◎滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会春季強化練習会兼級位認定大会要項◎◎◎

<主  催>
滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会

<日  時>
平成31年3月10日(日)
       9:00  集合
       9:15  受付完了
 9:15~ 9:30  開会式
 9:30~10:50  1回戦
11:00~12:20  2回戦
12:20~13:00  昼食
13:00~14:20  3回戦
14:30~15:50  4回戦
16:10~16:30  閉会式
16:30~17:00  後始末

<会  場>
彦根東高等学校第2別館2階大会議室 (〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7)
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<参加資格>
滋賀県下の高校に在学中の1・2年生
他に、滋賀県内の小中学生(初段以上、全国大会滋賀県代表経験者)も参加します。

<指 導 者>
プロ棋士、各校囲碁部顧問、OB・OG(初段以上または全国大会出場経験者)、一般指導者(四段以上)

<参 加 費>
無料

<申し込み>
別紙申し込み用紙に必要事項を記入の上、2月28日(木)17時までに必着で、郵送またはFAXで下記まで申し込むこと。(締切厳守)
また、FAXで送信した場合は、大会当日に正式の申込書を持参すること。
申告した段級位の変更は、原則として認めない。
出場選手の取り消し・追加については、判明次第すぐに連絡すること。
〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7 彦根東高等学校 坂本秀誠
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<注  意>
段級位の申告について
二段以上を申告する場合は、滋賀県高等学校囲碁連盟の認定を受けているか、日本棋院または関西棋院発行の免状または認定状を取得していることを条件とする。
18級から初段までの申告については、特に条件はないが19路盤で対局ができ終局がわかることを18級の目安とする。
また、既に取得している級位認定状があるときは、1階級以上上の級で申告すること。

<競技方法>
①手合い割り-1段級差1子の置き石で最大9子までとし、ジゴは白勝ちとする。
②対戦方法-次の基準で対戦相手を決定する。
(1)既に対戦した選手との対戦、同一所属の対戦(いつでも打てる相手との対戦)、指導者同士の対戦は避ける
(2)星勘定を参考にしながら、できるだけ段級位の近い者同士を当てる
③級位認定基準
(1)1級で申告      2勝以上で申告級位を認定
(2)2級で申告        3勝以上で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
(3)3~18級で申告 4勝で2級昇級、3勝1敗で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
日本棋院より級位認定状を授与する。(高校生以下)
④その他-手合時計を使用し、持ち時間は35分使い切ったら1手10秒の秒読み、時間切れは形勢にかかわらず負けとする。
ただし、多面打ち指導碁における白の時間切れは判定とする。
日本棋院よりプロ棋士を招き、3面打ち指導碁を4回、計12局実施する。
プロ棋士は八段格の手合いで対局し、指導碁も対局数および級位認定にカウントする。

<大会当日諸注意>
①制服着用 ②昼食持参 ③筆記具持参
 

全国高等学校囲碁選抜大会特設ページ開設!

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 2月19日(火)20時16分0秒
  関西棋院のHPに、3/16(土),17(日)に開催される全国高等学校囲碁選抜大会の特設ページが開設されました。

http://kansaikiin.jp/2019_koukousenbatsu/

なお、去年の写真に写っている赤い集団は、野球部の甲子園の応援時に着用した「赤鬼魂」ウインドブレーカーを着用した彦根東高校囲碁部員とOB・OGの集団です^^

今年は、男女とも、3勝をあげて入賞することを目標に挑みます!

応援、よろしくお願い致します!



また、綿密な取材と精度の高い予想に定評がある、高校囲碁界の情報通、囲碁評論家Y氏のブログに恒例の全国高等学校囲碁選抜大会順位予想記事がでています。

https://tomyaman.at.webry.info/201902/article_1.html?fbclid=IwAR2J-lAlXcdxE0KPuBwFylzLl7dSdH3O8XMm3JSgfGyJpBAI3pf1i0pXYgY

足で稼いだ情報で記事を書いておられ、本当に敬服いたしています。

今年の彦根東高校は、男子団体が4位、女子団体が7位に予想していただいています。

過去の全国大会において、彦根東高校囲碁部は、囲碁評論家Y氏の予想の常に上を行く活躍をしており、ジンクス(Y氏の予想順位より上には行ける!)にしていました。

5年前の春の全国選抜 男子団体 全国9位予想 → 実際は全国7位
5年前の夏の全国選手権女子団体 全国7位予想 → 実際は全国6位
4年前の春の全国選抜 女子団体 全国3位予想 → 実際は全国準優勝
4年前の夏の全国選手権女子団体 全国6位予想 → 実際は全国5位
3年前の夏の全国選手権女子団体 全国8位予想 → 実際は全国5位
一昨年の春の全国選抜 女子団体 全国4位予想 → 実際は全国3位

ところが、去年から予想を上回ることができていません。

 昨年の夏の全国選手権男子団体 全国7位予想 → 実際は1次リーグ敗退
 昨年の夏の全国選手権女子団体 全国7位予想 → 実際は全国8位
 昨年の春の全国選抜 女子団体 全国6位予想 → 実際は全国6位
 今年の夏の全国選手権女子団体 全国6位予想 → 実際は全国6位

毎年、予選時点より成長し、実力以上の力を発揮して全国の上位に食い込んだことで、彦根東高校の力を実力以上に評価していただいているのではないかと思います。

今年も彦根東高校の、「本番に向けて進化する成長力」で上位に食い込めるか・・・彦根東高校の伝統の力を見せたいと思います!



因みに、私は読売新聞に展望記事を毎年書いており、近日中にこちらにも掲載いたします。
 

日本棋院普及功労賞

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 2月18日(月)22時26分33秒
  本日発売の週刊碁で発表されましたが、このたび、私、坂本秀誠は、日本棋院普及功労賞を受賞することとなりました。

この賞は、囲碁普及活動に指導的役割を果たし、その活動が顕著と認められた者に贈られる賞です。

滋賀県内アマ棋戦の運営、彦根東高校囲碁部における後進の育成、彦根市教育委員会と連携して開催している直弼杯囲碁大会の成功、センコーGHDの皆様に協力によって開催されているクレフィール湖東囲碁フェスティバルの成功をきっかけに滋賀県で扇興杯女流囲碁最強戦が誕生したこと、などを評価していただきました。

これもひとえに、いつも囲碁大会の運営を協力してくれる彦根東高校囲碁部の部員と、センコーGHD、彦根市教育委員会をはじめとする関係諸団体のご協力の賜物です。

3月に表彰していただく予定です。

ご推薦いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。



棋聖戦第3局、第4局共に、井山棋聖が挑戦者山下九段を倒し、スコアを3-1とし、タイトル防衛に王手をかけました。

次局にも注目です!
 

第100回近畿6府県囲碁対抗戦

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 2月18日(月)22時01分25秒
  昨日、第100回近畿6府県囲碁対抗戦が大阪府吹田市のアルプス江坂囲碁センターで開かれました。

この大会は2月と8月の年2回開催され、50年間続いた歴史ある大会であり、関西の府県代表クラスの強豪が一堂に会するハイレベルな団体戦です。

各府県、1チーム11人の3局打ちの総合勝敗で順位を競います。

過去の6府県大会の結果はこちら。

http://www.eonet.ne.jp/~syujo/sub3.html

今大会の結果は以下の通り。

1回戦 大阪8-3奈良 京都7-4兵庫 滋賀8-3和歌山
2回戦 大阪10-1京都 滋賀6-5兵庫 奈良8-3和歌山
3回戦 大阪6-5兵庫 滋賀9-2奈良 京都9-2和歌山

【順位】①大阪24勝②滋賀23勝③京都17勝④兵庫14勝⑤奈良13勝⑥和歌山8勝

全勝賞
多賀文吾、嶋津太郎、大野鉄平、梅本勝巳、(以上大阪)、杉田俊太朗、大音厚良、岸祐一郎、板垣友輝、坂本秀誠(以上滋賀)、川原拓馬(兵庫)

というわけで、100回記念大会、惜しくも大阪に1勝届かず、滋賀県チームは2位でした。

今回の近畿6府県囲碁対抗戦 滋賀県チームは、以下のメンバーです。

監 督 坂本 秀誠

主 将 杉田俊太朗
副 将 小松 達弘
三 将 井上 恭彦
四 将 伊香 長保
五 将 大音 厚良
六 将 伊勢 陽一
七 将 木村 国明
八 将 岸 祐一郎
九 将 野口 悠星
十 将 板垣 友輝
十一将 坂本 秀誠

対戦組み合わせは前回順位で決まるため、前回5位だった滋賀は、今回、強豪である大阪・京都との対戦がなく上位進出のチャンスでした。

立命館大学生の2名、彦根東高校生2名の若手を加え、ベストメンバーに近い、しかもかなりフレッシュなメンバーで挑むことになりました。

いつもは、私は幹事兼補欠として参加し、選手として出場はしないのですが、急遽体調不良で1名欠席し、「代打俺」を発動し、しんがりで出場することになりました。

大学生はさすがの6連勝、高校生も岸君が全勝、ベテラン陣も奮闘し、私もしんがりということもあって、何とか全勝しました。

私自身、3戦ともハッキリ負けの場面がありましたが、何とか踏ん張り勝つことができました。

チームとしては、競り合いで落とした碁をいくつか拾うか、京都が大阪に大敗していなければ優勝でした。

また、今大会は100回記念ということで、私は簡易パンフレット(過去の成績と各府県から持ち寄った寄稿文と写真、記事をまとめたもの)を作成しました。

他には、記念写真の撮影や、参加賞として100回記念タオルを用意してもらいました。

次回の6府県は、8月11日(日)です。

次回は、強豪大阪、京都との対戦が両方ともあるので、なかなか厳しい戦いになりますが、強豪を招集して最強メンバーを組み、優勝を目指したいと思います。

また、200回大会目指して、末永くこの大会が続くよう尽力したいと思います。
 

第6回長浜商工会議所会頭盾囲碁大会

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 1月27日(日)20時48分24秒
  今日は、長浜まちづくりセンターで、第6回長浜商工会議所会頭盾囲碁大会が開催されました。

長浜では、奇数月の月末に大会(1月に会頭楯、3月に会長杯、5月に朝日楯、7月に市長杯、9月に所長杯、11月に中日楯)を実施しておられます。

今回は、彦根東高校の囲碁部員のうち14名を連れて参加しました。

また、東高囲碁部員だけでなく、全体の参加者についても、雪の影響で例年より少なく42名でしたが、終日、あちらこちらで真剣勝負の大熱戦が繰り広げられました。

そして、今回、部員たちは概ね健闘し、彦根東高校勢が決勝トーナメント進出を独占する大活躍でした。

東高囲碁部員同士の対戦を除くと、のべ30勝16敗の好成績で、勝率は7割を超えました。

冬場に地道に対局、検討、詰碁、手筋に取り組んだ成果が出たように思いました。

最終的には、彦根東高校囲碁部から優勝、準優勝、4勝賞1名、3勝賞4名と、半数の7名が入賞しました。

入賞を逃した他の部員たちも、次の大会に向けての課題が見つかり、貴重な対外試合の経験を積むことができました。

全国選抜大会に向けて、みんなで切磋琢磨し、力を合わせて強くなっていきたいですね!



棋聖戦第2局は挑戦者山下九段が井山棋聖を倒し、スコアを1-1のタイとしました。

次局にも注目です!
 

第11回直弼杯囲碁大会

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 1月13日(日)17時07分16秒
編集済
  1/12(土)、彦根商工会議所において、第11回直弼杯囲碁大会が開催されました。

もともとこの直弼杯は、「囲碁将棋の街づくり」を公約に掲げて当選した獅子山向洋前彦根市長の肝いりで、彦根藩主井伊直弼公の名前を冠に頂いて始まりました。

井伊直弼と開国150年周年記念事業、彦根城築城400年祭がきっかけで始まったこの大会も、昨年、10回の記念大会を実施し、今年、また次の10年に向けてスタートしました。

最初の2回は、木谷実九段の御子息、正道氏が中心となって企画され、彦根商工会議所での大会と花菖蒲通りでの150面打ち指導碁が開催されました。

また、大会でのチャンピオン戦の優勝者は小林覚九段や淡路修三九段と彦根城の能舞台で対局するという壮大な企画でした。

更に花菖蒲通りではプロ棋士15名が150面打ち指導碁を打ち、その後、棋士を囲んで懇親会が開かれるという滋賀ではかつてないビッグなイベントでした。

その後、第3回、第4回は場所を彦根文化プラザに移行し、地元主導で大会運営がなされました。

そして、第5~11回と場所を再び彦根商工会議所に戻して行われ、6回大会からプロ棋士を招いて指導碁を実施し、7回大会から懸賞付き詰碁を企画、昨年の10回大会から昼食の手配も始めました。

昨年の第10回の記念大会ではタイトルホルダーをお招きしたいということで、羽根直樹九段にお越しいただき、過去最高人数で盛大に開催しました。

私は、1回目・2回目は大会に参加しつつ、能舞台での対局の記録係(棋譜採り)など裏方を務め、3回目は選手として出場して入賞しながら、組み合わせ係を務めました。

4回目からは審判長として大会運営の中心となりました。

今回、講師に石田篤司プロをお招きし、参加者は定員120名のところ、当日欠席も少しあり、最終参加者は110名でした。

昨年に比べれば少し参加者は減りましたが、新年最初の滋賀の大会として定着しつつある感もあります。

県外から申し込みが多くあり、さらに学生が30名近くで若手が約4分の1を占める活気のある大会となりました。

クラス分けは、実力別に、A(六・七段)B(四・五段)C(三・四段)D(二・三段)E(初・二段)F(1級・初段)G(2~4級)H(4級以下)の8クラス。

年齢層も様々で、下は9歳から上は87歳まで、本当に幅広い年齢層の方に集まっていただき、若手とベテランが凌ぎを削りました。

例年、大会に出席してくださる大久保貴彦根市長は、残念ながら今年は所用のため欠席され、代わりに元彦根東高校校長でもある教育長が開会式でご挨拶に来てくださいました。

また、彦根市のキャラクター「ひこにゃん」も応援に駆けつけ、各クラスで1日熱戦が繰り広げられました!

参加賞に「ひこにゃんボールペン」、懸賞詰碁正解者に「ひこにゃんナイフ&スプーン」、入賞賞品は彦根市の特産品(牛肉の味噌漬け等)というとても彦根市らしい大会でした。

私は審判長として、開会式で競技説明を行い、各対局を巡回したり、対局組み合わせを行いました。

小さなハプニングやトラブルはありましたが、概ね順調に進行し、無事に大会を終えることができました。

また、彦根東高校囲碁部からは24名が参加(22名が出場、2名は運営に専念)し、3名が優勝し、計4名が入賞するなど健闘しました。

さらに、彦根東高校囲碁部員は、いつも通り大会に参加するとともに、運営補助員としてテキパキ動いてくれ、スムースな大会運営を行うことができました。

文化の薫り高い町「彦根市」を全国にアピールしつつ、次年度以降の直弼杯もますます盛大に開催していきたいですね!

彦根市教育委員会の方々のご支援に感謝しながら、今後も共に頑張っていきたいと思います。
 

明日は直弼杯!

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 1月11日(金)21時45分3秒
編集済
  明日は第11回直弼杯です。
115名が参加し、ゲストに石田篤司プロをお迎えします。
素晴らしい戦いが繰り広げられると思います。
楽しみです!
私は審判長として、運営に尽力いたします!
懸賞付き詰碁に正解すると抽選でオリジナルひこにゃんグッズが当たります!
出題は、石田プロ作の問題が2題、私が作った問題も1題、計3題です。

レス 清流さんへ

明日の直弼杯、参加お待ちしております!
頑張ってください!

棋聖戦第1局は井山棋聖が挑戦者山下九段に勝ちました。
棋聖戦は優勝賞金4,500万円、囲碁界の最高峰のタイトル戦です。
次局にも注目です!
 

ご指導をお願いします

 投稿者:清流  投稿日:2019年 1月11日(金)06時00分1秒
  syujo先生へ
お返事をありがとうございました。毎日易しい詰碁を何題も解き、プロの碁をたくさん並べたいと思います。高段者の方に囲碁を教えて頂く機会も持ちたいと思います。またいつか、shujo先生もお教えください。1月12日(日)の井伊直弼杯で、先生や彦根東高校生に多大のお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。
 

レス

 投稿者:syujo  投稿日:2019年 1月 9日(水)22時32分13秒
  レス 清流さんへ

囲碁は何歳になっても上達すると思います。
80歳で囲碁を始めて、90歳で有段者・・・という方も聞いたこともあります。
対局が一番、易しい詰碁と六段以上の方に手直しをしてもらうとまだまだ上達します!
頑張ってください!

今週末は直弼杯囲碁大会です。
117名が参加予定です。
彦根東高校囲碁部員たちの活躍を楽しみにしています!
 

レンタル掲示板
/92