teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


全国大会に向けて(人工知能で特訓!)

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 7月22日(日)06時01分54秒
  今週の彦根東高校囲碁部の練習では、全国大会に向けて、通常の部内リーグ戦ではなく、団体戦形式の練習をし、また、打ち碁の棋譜を検討しました。

棋譜の検討ではベルギー産の囲碁AI「leela」を試しに用いてみました。

これからの囲碁部は、人工知能AIを練習に取り入れる時代です。

人工知能は、次の最善手をシミュレーションによって候補をあげたり、勝率を表示してくれます。

しかし、この手がなぜ良い手なのか、なぜ悪い手なのか、については、人工知能は教えてくれません。

そこをかみ砕いてわかりやすく体系的に説明することができるのが、人間の人間たる所以だとも思います。

今や人間より人工知能が強く、プロ棋士も最善手は人工知能に聞く時代です。

これからのプロ棋士やアマ強豪の指導碁は、人工知能にはない付加価値を求める時代に入ったといえます。

また、人工知能は読解力が苦手(東大合格を目指す人工知能AIも読解力不足でプロジェクト断念となった)ともききます。

これからは、人間と人工知能の共存を目指す社会になるかと思いますが、ここらあたりにヒントがあるように思いました。
 
 

高校囲碁選手権全国大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 7月22日(日)05時24分46秒
  今年もまた暑い夏がやってきます!!

組合せが火曜日に発表されました。

http://www.nihonkiin.or.jp/event/amakisen/highschool-gochampionship/42/index.html

彦根東高校は団体戦、男女とも、とんでもない激戦区に入りました。

厳しい戦いが予想されると思いますが、彦根東高校の伝統の力を見せたいと思います!

今年も空前のハイレベル、どんな戦いが繰り広げられるか、注目です!!

大会前日、今から決戦の地、東京へ乗り込みます!



また、綿密な取材と精度の高い予想に定評がある、高校囲碁界の情報通、囲碁評論家Y氏のブログに恒例の順位予想記事がでています。

http://tomyaman.at.webry.info/theme/6d6e0e9bac.html

http://tomyaman.at.webry.info/201807/article_1.html

http://tomyaman.at.webry.info/201807/article_2.html

さて、今年も実力以上の力を発揮し、上位に食い込めるか・・・
 

第3回扇興杯女流囲碁最強戦

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 7月15日(日)19時26分4秒
編集済
  第3回扇興杯女流囲碁最強戦の準決勝が一昨日、前夜祭が昨日、決勝戦が本日に開催されました。

扇興杯は、協賛のセンコー株式会社の創立100周年を記念して、一昨年に創設された棋戦で、優勝賞金800万円は、女流棋戦として最高金額の棋戦です。

協賛のセンコーGHD、福田社長は、とても囲碁がお好きで、毎年秋に、著名な女流棋士をお招きし、「クレフィール湖東囲碁フェスティバル」を開催してくださっています。

この扇興杯女流最強戦は、77名の女流棋士が予選に参加し、準決勝に進出した4名の棋士が、私のまさに地元、ここ滋賀県東近江市に来られました。

そして、決勝戦に進出したのは、準決勝で上野女流棋聖を倒した牛二段、佃五段を倒した万波三段、どちらが勝っても初優勝となる対戦となりました。

決勝、準決勝の大盤解説は、山田規三生九段、仲邑信也九段、北野亮八段、聞き手に吉原由香里六段らの豪華メンバー。

また、来賓として、日本棋院から副理事長の小林覚元棋聖、常務理事の後藤俊午九段、関西棋院から正岡新理事長、常務理事の星川愛生三段らが滋賀に来られました。

他に立会人の石田篤司九段、記録係に小松大樹三段、鳥井裕太二段、他に指導碁で関西総本部から5名の棋士など、本当にたくさんの棋士が滋賀に来られました。

今回、協賛であるセンコーGHD様のご配慮で、私も日本棋院滋賀県支部連合会事務局長という肩書で、来賓としてお招き頂きました。

前夜祭・指導碁から参加させて頂き、さらにゆったりと温泉に浸かり、宿泊もさせて頂きました。

また、彦根東高校囲碁部の女子部員たちに前夜祭花束贈呈のプレゼンターの大役を頂き、一生の記念に残る経験をさせていただきました。

生徒たちまで来賓として前夜祭に参加させていただき、棋士の先生方と交流を深め、写真などを一緒に撮って頂きました。

前夜祭では、たくさんの棋士の先生方、関係者の方々とお話させて頂き、おいしい料理を堪能しました。

指導碁で、私は、小林覚元棋聖に3子、石田篤司九段に2子で教えて頂き、生徒も小林覚元棋聖、山田規三生九段、吉原由香里六段に5~7子で教えていただきました。

翌日、彦根東高校囲碁部から、さらに部員7名が合流し、指導碁と準決勝の大盤解説会、午後の決勝戦大盤解説会に参加しました。

大盤解説会では、囲碁の勉強になったのはもちろんのこと、棋士の先生方の軽妙なトークも素晴らしく、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

決勝戦の結果は、結婚後充実著しい万波奈穂三段が悲願の初タイトルを獲得され、優勝インタビューでは感極まってうれし涙を流され、大変感動しました。

最後はお楽しみ抽選会で、サイン色紙や書籍などをプレゼントしていただき、本当に良い記念になりました。

今回、地元の滋賀県東近江市で、このような素晴らしい棋戦が開催されることを本当に嬉しく思いました。

福田社長をはじめとするセンコーGHDの皆様、クレフィール湖東のスタッフの皆様、その他関係者の皆様、本当にありがとうございました。

また来年の開催も楽しみにしていますので、よろしくお願いします!
 

「2018年度彦根東高校囲碁部夏季合宿」の御案内

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 7月10日(火)02時29分10秒
  【実施にあたって】
彦根東高校囲碁部は,昨年の全国高校囲碁選抜大会において,女子団体戦で全国3位に入賞するなど,全国レベルでの活躍をしています。
現在,部員の棋力向上も素晴らしく,3学年合わせて,有段者は22名にもなり,レベルの高い部活動を展開しています。
また,高校から囲碁を始めた生徒の成長もめざましく,今後の活躍が楽しみです。全国大会・近畿大会で3位以内に入賞することをまずは目標に,今後も頑張っていきたいと思っています。
さて,今年も毎年恒例となりました「2018年度彦根東高校囲碁部夏季合宿」を開催し,部員の棋力向上,および部員同士,またOB・OGとの交流をはかるため,合宿練習会を実施したいと考えています。
また,彦根東高校に縁のある人もそうでない人も,碁を愛する仲間として一堂に会し,親睦を深めながら碁を楽しみ,お互いの棋力向上に役立てることができたらと思い,広く参加者を募集することにしました。
楽しく有意義な会にしたいと思いますので,趣旨をご理解のうえ,皆様方のご参加をお待ち申し上げております。
特にOB・OGの皆様は,近隣のOB・OGの方と連絡を取り合い,皆様をお誘いいただきまして,後輩の指導というよりは同窓会気分でぜひ参加していただきたいと思います。
ぜひふるってご参加ください。よろしくお願いします。

【目的】
部員同士,OB・OGとの交流を通じて親睦をはかり,棋力向上を目指す。
集団生活を通して規律を高め,時間管理,健康管理,挨拶ができるようにする。
携帯・テレビ・ゲームなどと距離を置き,非日常を経験することで日常のありがたさを再確認し,感謝の気持ちを育む。

【日時】
2018年 8月23日(木)12:45集合 ~ 8月24日(金)13:30頃 解散予定

【場所】
滋賀県立彦根東高等学校・銀杏会館2階(被服室)
(〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4番7号)

【参加予定者】
 彦根東高校囲碁部27名,顧問,OB・OG,その他囲碁愛好家の皆さん約15名程度

【諸注意】
初日だけの参加や,2日目だけの参加も可能です。また,宿泊せずに通いでの参加も可能です。
対局にかかる参加費は無料です。
ただし,食事代など,別途かかった実費は徴収させていただきます。
宿泊費は,彦根東高校の生徒・保護者は,200円,他は500円です。
(布団を準備する都合上,早めにお申し出ください。)
初日の夕食,2日目の昼食は,近くの飲食店に食べに出かける予定です。
宿泊者の入浴は,銀杏会館のお風呂を利用する予定ですが,ホテルと違いアメニティグッズはありませんので,宿泊する人は各自で持参してください。
2日目の朝食は,近くのコンビニでおにぎり・パンなどを購入する予定です。
なお,高校生の囲碁合宿ですので,成人の方であっても飲酒などは厳禁とさせていただきます。
また,健康増進法により,県立学校の敷地内は全面禁煙となっておりますのでご了承ください。
彦根東高校の生徒は制服を正しく着用すること。

【その他】
・集団行動のマナー(時間管理・健康管理・挨拶)を守り,高校生として規律ある行動をすること。(5分前集合と10分前行動・移動は1.5m以上間隔をあけない・集合はコンパクトに・現地でお世話になるすべての方々に感謝の気持ちをきちんと述べる・食事は基本残さず,苦手な食材や量が多い場合は,箸をつける前に申し出る 他)

【日程・詳細】
初日  8月23日(木)
12:45~13:00  準備・受付・自己紹介・日程説明
13:00~17:30  合宿:昼の部(通常対局+α)企画:ペア碁トーナメント
17:30~19:00  夕食休憩(将月:お好み焼き・焼きそばetc)
19:00~22:00  合宿:夜の部(通常対局+α)
男女別に約9人ずつ、休憩・入浴グループと対局グループに別れる
22:00~23:00  企画:タイムトライアル詰碁テストその1(ハンデ戦)
終了後,消灯・就寝

2日目 8月24日(金)
5:30~ 6:30  起床・洗面・整理整頓
6:30~ 7:30  企画:タイムトライアル詰碁テストその2(ハンデ戦)終了後,朝食
7:30~11:00  合宿:朝の部(通常対局+α)
企画:9路盤トーナメント
11:00~11:30  詰碁解説・表彰
11:30~13:00  昼食休憩(ビッグボーイ:ハンバーグetc)
13:00~13:30 掃除・後片付け・反省会
*注意  予定は変更になる場合もありますので,ご了承ください。

【持参物】
宿泊者は,常備薬,バスタオル,フェイスタオル,着替え(就寝用のジャージなど),洗面用具(歯ブラシ・歯磨き粉など),シャンプー・リンス・ボディーソープ・ドライヤーなどを持参すること

【申し込み】
メールにて,氏名,棋力,参加希望日,宿泊希望の有無,連絡先(携帯電話番号など)を明記し,7月26日(木)までに,下記までお申し込みください。
棋力は,六段~18級で申告してください。(高校時代などに認定を受けている場合は,その段級位より過少申告しないでください。)
1日だけの参加,宿泊せずに通いでの参加も可能ですので,申し込みの際にお申し出ください。
メールで申し込む場合は,件名を「合宿申し込み」としてください。

【連絡先】
〒521-1241 滋賀県東近江市乙女浜町307 坂本秀誠
顧問携帯 :090-4303-5134
顧問携帯アドレス  s4yu20-15@docomo.ne.jp
顧問パソコンアドレス syujo@outlook.jp
顧問校務用アドレス sakamoto-shujo-4800@pref-shiga.ed.jp



少し前になりますが、本校新聞部が囲碁部の特集記事を作ってくださいました。

現在の囲碁部の活動状況がよくわかるようにまとめてくださいました。

是非ともご覧ください。



http://www.hikonehg-h.shiga-ec.ed.jp/blog/wp-content/uploads/2018/06/b8997874d27b56cb6a4d118a8d7ed93a.pdf
 

夏休みこども囲碁教室の案内

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 6月10日(日)19時54分46秒
  学校のHPにもアップしていただきました。

ふるってご参加ください。

http://www.hikonehg-h.shiga-ec.ed.jp/news/14710.html
 

夏休みこども囲碁教室の案内

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 6月 3日(日)20時06分46秒
  今年も8月1日(水)~3日(金)まで彦根東高校において、夏休みこども囲碁教室を実施します。

入門講座と経験者の囲碁対局・特訓の2本立てです。

今年は午前中に実施します。

受講者全員に級の認定状を発行します。

受講生を募集します。

詳細はこちらをご覧ください。

http://www.eonet.ne.jp/~syujo/kaihoukouza.html  
 

滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会夏季強化練習会兼級位認定大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 6月 3日(日)19時54分20秒
  7月8日(日)彦根東高校において、下記の要領で夏季強化練習会を開催します。

指導棋士をお招きし、さらにアマチュアの強豪も指導してくださいます。

参加する小中学生(初段以上、全国大会滋賀県代表経験者)と指導者(アマ四段以上)を募集しております。

ふるってご参加ください。



◎◎◎滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会夏季強化練習会兼級位認定大会要項◎◎◎

<主  催>
滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会

<日  時>
平成30年 7月 8日(日)
       9:00  集合
       9:15  受付完了
 9:15~ 9:30  開会式
 9:30~10:50  1回戦
11:00~12:20  2回戦
12:20~13:00  昼食
13:00~14:20  3回戦
14:30~15:50  4回戦
16:10~16:30  閉会式
16:30~17:00  後始末

<会  場>
彦根東高等学校第2別館2階大会議室(〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7)
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<参加資格>
滋賀県下の高校に在学中の1・2年生(18級以上)と全国大会出場資格を得ている3年生
他に、滋賀県内の小中学生(初段以上、全国大会滋賀県代表経験者)も参加します。

<指 導 者>
プロ棋士、各校囲碁部顧問、OB・OG(初段以上または全国大会出場経験者)、一般指導者(四段以上)

<参 加 費>
無料

<申し込み>
別紙申し込み用紙に必要事項を記入の上、 6月28日(木)17時までに必着で、郵送またはFAXで下記まで申し込むこと。(締切厳守)
また、FAXで送信した場合は、大会当日に正式の申込書を持参すること。
申告した段級位の変更は、原則として認めない。出場選手の取り消し・追加については、判明次第すぐに連絡すること。
〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7 彦根東高等学校 坂本秀誠
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<注  意>
段級位の申告について
二段以上を申告する場合は、滋賀県高等学校囲碁連盟の認定を受けているか、日本棋院または関西棋院発行の免状または認定状を取得していることを条件とする。
18級から初段までの申告については、特に条件はないが19路盤で対局ができ終局がわかることを18級の目安とする。
また、既に取得している級位認定状があるときは、1階級以上上の級で申告すること。(ただし初段まで)

<競技方法>
①手合い割り-1段級差1子の置き石で最大9子までとし、ジゴは白勝ちとする。
②対戦方法-次の基準で対戦相手を決定する。
(1)既に対戦した選手との対戦、同一所属の対戦(いつでも打てる相手との対戦)、指導者同士の対戦は避ける
(2)星勘定を参考にしながら、できるだけ段級位の近い者同士を当てる
③級位認定基準
(1)1級で申告      2勝以上で申告級位を認定
(2)2級で申告        3勝以上で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
(3)3~18級で申告 4勝で2級昇級、3勝1敗で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
日本棋院より級位認定状を授与する。(高校生以下)
④その他-手合時計を使用し、持ち時間は35分使い切ったら1手10秒の秒読み、時間切れは形勢にかかわらず負けとする。
日本棋院よりプロ棋士を招き、3面打ち指導碁を4回、計12局実施する。
プロ棋士は八段格の手合いで対局し、指導碁も対局数および級位認定にカウントする。

<注意事項>
参加申込書等により取得した氏名等の個人情報および大会出場中に撮影した参加者等の肖像は、PR及び記録のため、大会プログラム、新聞、雑誌、インターネットなどへ掲載することがあるので、事前に了承した上で出場すること。

<大会当日諸注意>
①制服着用 ②昼食持参 ③筆記具持参
 

第64回全日本アマチュア本因坊決定戦滋賀大会・段級位認定大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 6月 3日(日)18時46分53秒
  第64回全日本アマチュア本因坊決定戦滋賀大会・段級位認定大会が開催されました。

http://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k25/040/279000c

実施日:平成30年6月2日(土)参加人数(本因坊戦22名、段級位認定戦36名)

本因坊戦
優勝 杉田 俊太朗 草津市
2位 板垣 友輝   草津市
3位 井上 恭彦  大津市
4位 笹田 昭二  高島市
5位 伊香 長保  大津市
6位 伊勢 陽一  彦根市
7位 大音 厚良   近江八幡市
8位 岸 祐一郎   栗東市
9位 木村 国明  近江八幡市
10位 山本 智寛  近江八幡市

4連覇を目指す立命館大学の杉田くんと後輩の板垣くんの対戦となった優勝決定戦は、杉田くんが貫録の勝利で優勝し、見事4連覇を達成しました。

全国大会での活躍を期待したいところです。

3大アマ棋戦が終了しましたので、滋賀県囲碁番付はこのようになりました。

http://www.eonet.ne.jp/~syujo/sub4.html



プロの方の本因坊戦は第2局まで終わり、井山本因坊が挑戦者の山下九段を下してスコアを1-1としました。

第3局は本日決着、楽しみです。
 

第42回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権滋賀県大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 6月 3日(日)18時25分37秒
編集済
  第42回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権滋賀県大会が開催されました。

http://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k25/040/282000c

日時:平成30年5月31日(木)個人戦、段級位認定戦 6月1日(金)団体戦、関山利道プロによる指導碁ワンポイントレッスン

場所:彦根東高校

主催:滋賀県高等学校囲碁連盟、滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会

大会の結果は以下の通り

男子個人選手権戦
優勝 :岸 六段(彦根東高校1年)全国大会出場
準優勝:山形五段(彦根東高校3年)全国大会出場
3位 :塚本六段(彦根東高校2年)

女子個人選手権戦
優勝 :石田二段(彦根東高校2年)全国大会出場
準優勝:深尾初段(彦根東高校3年)
3位 :伊藤初段(彦根東高校3年)

男子団体選手権戦
優勝 :彦根東高校A:(岸 ・塚本・中西)全国大会出場
準優勝:彦根東高校B:(山形・清水・前川)
3位 :彦根東高校C:(野口・西川・古川)

女子団体選手権戦
優勝 :彦根東高校A: (石田・久保田・伊藤)全国大会出場
準優勝:彦根東高校B:(深尾・藏屋 ・冨内)
3位 :彦根東高校C:(麻中・藤居 ・湯地)

男子は11年連続22回目、女子は10年連続18回目の全国大会出場



男子個人戦は、昨年全国準優勝の比叡山高校横江くんが不参加、女子個人戦は、昨年全国ベスト8の膳所高校竹田さんが不参加でした。

大会参加者47人中45名は高校スタートのメンバーですが、初段以上が23名(うち五段以上が6名)おり、層の厚いハイレベルな戦いが繰り広げられました。

ただ、参加校数という点では寂しく、参加者47名中41名が彦根東高校のメンバーということで、部内戦のような大会となりました。

男子は、全総文県予選で優勝した岸くんが本命、六段の塚本くんが追いかける展開でしたが、彦根東高校では部内4番手の山形くんが塚本くんに勝ち、全国大会出場権を獲得しました。

女子は本命不在の大混戦で、初段クラスの上位6名にほとんど差がなく、誰が勝ってもおかしくない展開の中、彦根東の石田さんが見事優勝、全国大会出場権を獲得しました。

男子団体戦は、オール五段の彦根東BチームがAチームに食らいつき1勝をあげましたが、1-1からの副将戦をきっちり勝ち切ったAチームが優勝しました。

補欠チームがオール五段で揃えられる層の厚さが本校囲碁部の自慢です。

女子団体戦も、Bチームが3名とも初段クラスで、全国でも1次リーグで勝ち越せるぐらいの力があり、Aチームと棋力差はそれほどなく接戦が予想されました。

しかし、彦根東AチームがBチームに3-0で、ほぼ完勝といってよい内容でした。

全国大会までにさらに成長して、今年も連続入賞が続くよう頑張ってもらいたいものです。

今まで女子団体の活躍が目立つ彦根東高校囲碁部でしたが、今年は、男子もかなり期待できると思います。

選抜全国ベスト8のメンバーの主将から三将が、それぞれ副将から補欠にスライドし、主将にボンドカップ全日本こども囲碁チャンピオン戦全国5位の岸くんが加わりました。

全国高校囲碁選手権大会、男女ともまずは全国ベスト8を目指し、さらにその上を目指して頑張ります。

また、大会終了後は毎年恒例の彦根東高校囲碁部3年生引退式を行いました。

全国大会に出場するメンバーが5人いますが、3年生全員が部活をして大会に出るのはこれが最後ということで区切りのセレモニーです。

最後に一人ひとりから、後輩に向けてメッセージをもらいました!

全国大会に出場するメンバーを除いて、3年生部員は部活を引退し、今後は受験勉強に専念します。

本当にお疲れ様でした!      
 

アマ本因坊戦滋賀県大会・段級位認定大会の案内

 投稿者:syujo  投稿日:2018年 5月 8日(火)22時48分52秒
編集済
  毎日アマ本因坊戦滋賀県大会を6月2日(土)彦根東高校で開催します。

アマ本因坊戦の予選と同時に、段級位認定大会も開催します。

アマ本因坊戦および段級位認定大会の参加者を下記の要項の通り募集しますので、ふるってご参加ください。

◎◎第64回アマ本因坊滋賀県大会・段級位認定大会要項◎◎◎

<主  催>
アマ本因坊戦滋賀県大会実行委員会・(公財)日本棋院

<共  催>
日本棋院滋賀県支部連合会・日本棋院滋賀県支部・滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会・滋賀県立彦根東高等学校囲碁部・毎日新聞

<後  援>
滋賀県・滋賀県教育委員会・(一財)関西棋院

<特別協賛>
アフラック

<協  賛>
スターツグループ・滝久雄(ぐるなび創業者)

<日  時>
平成30年 6月 2日(土)

<会  場>
滋賀県立彦根東高等学校第2別館2階大会議室
(〒522-0061 彦根市金亀町4-7)
TEL 0749-22-4800
FAX 0749-26-3879

<参加資格>
滋賀県在住・在学・在勤のアマチュアに限る(他地区との重複参加は不可)。

<競技方法>
種目① アマ本因坊戦
①手合い割り
オール互先、先番6目半のコミ出しとする。
②対戦方法
スイス方式に準じて4試合対戦し、SOSOS方式で順位を決定する。
ただし、全勝者が2名以上出た場合は、優勝決定戦を行う。
種目② 段級位認定戦(18級~五段)
①手合い割り
1段級差1子の置き石で最大9子までとし、ジゴは白勝ちとする。
②対戦方法
スイス方式に準じて4試合対戦する(五段戦は5試合)。
③段級位認定基準
全勝者は無料で、1敗者は半額負担で出場した段級位の免状・認定状を申請可能(希望者のみ)。
ただし、段位取得者は日本棋院滋賀県支部の会員になることとし、その費用は有料とする(未会員の場合)。
種目①、②共通規定
持ち時間は35分使い切ったら1手10秒の秒読み、時間切れは形勢にかかわらず負けとする。
対局開始に遅刻した場合は、遅刻した時間を持ち時間から減じて対局し、20分で不戦敗とする。
対局時計の位置は白番の選手が決め、必ず着手した方の手で押すこと。
3コウ、長生などによる無勝負などで勝負の決着がつかない場合や、表彰に関わる順位などで同順位が生じた場合は、9路盤による決定戦を行う
(持ち時間5分、使い切ったら1手10秒の秒読み)。
その他のルールは日本囲碁規約により、競技中に問題が生じたときは、その場で本人が審判に申し出て判定に従うこととする。
1回戦の組み合わせは、事前に抽選のうえ決定する。
2回戦以降は、スイス方式に従い組み合わせをしていくが、同一所属の対戦は、なるべく避けるようにする。

<表  彰>
①種目①の優勝者には滋賀本因坊の称号と楯、8月18日(土)から19日(日)に日本棋院で開催される全国大会に滋賀大会代表として出場する権利を授与する。
②種目①の1位から3位までに賞状、副賞を授与する。

<参 加 料>
種目① 3,000円
種目②(五段 5,000円 三・四段 4,000円 初・二段 3,000円 級位者 2,000円)
ただし、種目①、②ともに日本棋院滋賀県支部会員、高校生以下は1,000円割引

<審  判>
日本棋院滋賀県支部連合会の役員があたる。

<申し込み>
ハガキまたはEメールにて、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・参加種目・段級位を明記し、平成30年5月24日(木)までに、下記大会事務局まで送付すること。
(締切厳守・当日受付はありませんので、必ず事前に申し込みをすること。また、お申込み後に欠席される場合は、必ず事前に連絡すること。)
Eメールで申し込む場合は、件名を「アマ本因坊戦申し込み」とすること。

<事 務 局>
日本棋院滋賀県支部連合会事務局長 〒521-1241 滋賀県東近江市乙女浜町307 坂本秀誠
TEL 090-4303-5134 FAX 0748-45-0311
Eメールアドレス syujo@outlook.jp

<注意事項>
参加申込書等により取得した氏名等の個人情報および大会出場中に撮影した参加者等の肖像は、PR及び記録のため、大会プログラム、新聞、雑誌、インターネットなどへ掲載することがあるので、事前に了承した上で出場すること。

<日 程 表>
平成30年 6月 2日(土)
       9:00  集合
       9:15  受付完了
 9:20~ 9:30  開会式
 9:30~10:50  1回戦
11:00~12:20  2回戦
12:20~13:00  昼食(昼食は各自が準備すること)
13:00~14:20  3回戦
14:30~15:50  4回戦
16:00~       優勝決定戦
16:00~       表彰式
 

レンタル掲示板
/87