teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第7回近畿高校囲碁選手権大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年12月17日(月)03時05分58秒
  12月15日(土)16日(日)にアルプス江坂囲碁センターで第7回近畿高校囲碁選手権大会が開催されました。

上位と滋賀県勢の結果は以下の通り。(☆印は全国選抜大会近畿代表、★は補欠)

男子団体戦
優 勝 灘  (兵庫)☆
準優勝 彦根東(滋賀)☆
第3位 洛 南(京都)★
第8位 比叡山(滋賀)

女子団体戦
優 勝 洛 南(京都)☆
準優勝 彦根東(滋賀)☆
第3位 大 谷(大阪)☆(近畿増枠分)
第4位 長 尾(大阪)★
第8位 比叡山(滋賀)

男子個人戦
優 勝 森田 拳( 洛 北 ・京都)☆
準優勝 佐藤史都(雲雀丘学園・兵庫)☆
第3位 渡辺竜規( 西 脇  ・兵庫)☆(近畿増枠分)
第4位 菊池倖晟(   灘  ・兵庫)★
第5位 岸祐一郎(彦 根 東・滋賀)
第10位 塚本笙太(彦 根 東・滋賀)
第12位 那須健世(彦 根 東・滋賀)

女子個人戦
優 勝 岩井 温子 ( 洛   北 ・京都)☆
準優勝 古家 美里 ( 四 條 畷 ・大阪)☆
第3位 村上 花恋 ( 洛  南 ・京都)☆(近畿増枠分)
第4位 加茂 葵  ( 堀  川 ・京都)☆(近畿増枠分)
第5位 田村 真由美(神戸山手女子・兵庫)★
第7位 久保田しずく( 彦 根 東 ・滋賀)
第8位 石田 梨沙 ( 彦 根 東 ・滋賀)
第14位 湯地 恵美梨( 彦 根 東 ・滋賀)

男子9路盤戦
優 勝 山中環樹(洛 南・京都)☆
準優勝 牛尾 誠( 灘 ・兵庫)☆
第3位 西 汰樹(洛 南・京都)★
第5位 田附 駿(彦根東・滋賀)
第8位 山口航平(彦根東・滋賀)

女子9路盤戦
優 勝 加地智沙都(大 谷・大阪)☆
準優勝 北山沙梨乃(洛 南・京都)☆
第3位 坂能 美祐(洛 北・京都)★
第4位 麻中 要 (彦根東・滋賀)
第4位 藤居 若菜(彦根東・滋賀)
(4位は同順位)

また、団体戦の彦根東高校のメンバーとスコアは以下の通り

男子団体戦
1回戦 彦根東高校(岸・塚本・山口)3-0 西  脇 (兵庫)
2回戦 彦根東高校(岸・塚本・山口)3-0関西創価(大阪)
3回戦 彦根東高校(岸・塚本・山口)1-2  灘  (兵庫)

女子団体戦
1回戦 彦根東高校(石田・久保田・湯地)3-0星陵(兵庫)
2回戦 彦根東高校(石田・久保田・湯地)2-1洛北(京都)
3回戦 彦根東高校(石田・久保田・麻中)0-3洛南(京都)



大会前に主力選手をインフルエンザで欠く緊急事態になりましたが、なんとか感染拡大予防に努め、大会当日を迎えました。

団体戦では、男女ともなんとか連勝スタートし、優勝決定戦にコマをすすめました。

男子はベストメンバーではありませんでしたが、リザーブの選手、代役の選手が頑張って、みんなで穴をカバーしてくれたのは立派でした。

決勝の相手は、男子が夏の全国優勝校である灘、女子も同じく夏の全国優勝校である洛南と、どちらも強敵です。

決勝は敗れてしまいましたが、男女とも準優勝し、男子は2年連続、女子は5年連続の入賞となり、なんとか今年も男女W全国選抜大会出場が決定しました。

次の全国選抜大会では、男女W入賞を目指して、部員一同努力を重ね、更にチーム力を高めていきたいと考えています。

個人戦では近総文に続く連覇が期待された岸くんは、兵庫の佐藤くんに敗れ、スイス方式のポイントも伸びず、残念ながら入賞を逃しました。

しかし、翌日の団体戦で主将として、個人3位西脇の渡辺くん、個人4位灘の菊池くん、個人6位で大人の大会でも大阪府代表になっている坂本くんの3人に勝ったのは立派でした。

全国選抜大会に向けて、今後とも応援よろしくお願いします。



彦根東高校囲碁部は、冬休み企画として、9路盤トーナメント、詰碁テスト、ペア碁トーナメントなど、イベント盛りだくさんです!

大会があまりない冬場にじっくり力をつけて、春に大きな花を咲かせられるよう、しっかりと根を張りたいと思います。
 
 

近畿高校囲碁選手権速報@携帯

 投稿者:syujo  投稿日:2018年12月16日(日)13時45分26秒
  決勝戦
男子 彦根東vs灘
女子 彦根東vs洛南

彦根東高校、男女とも決勝戦進出!
決勝の相手、男子の灘、女子の洛南とも夏の全国優勝校!
強敵相手だが頑張れ!!
 

滋賀県高等学校文化連盟冬季強化練習会兼級位認定大会&全日本女流アマ囲碁選手権大会滋賀県予選

 投稿者:syujo  投稿日:2018年12月13日(木)23時10分54秒
  12/9(日)は、彦根東高校で、滋賀県高等学校文化連盟冬季強化練習会兼級位認定大会と全日本女流アマ囲碁選手権大会滋賀県予選が開催されました。

この冬季強化練習会は、この土日に開催される近畿高校囲碁選手権に出場する高校生を中心に、学生たちを鍛えるということが大きな目的の一つです。

高校生26名、中学生1名、小学生1名が参加し、指導者として関西棋院の矢田プロ、日本棋院関西総本部の円田プロ、峯松プロ、地元の囲碁愛好家などをお迎えしました。

総勢39名(有段者24名)が集まり、 一日中、あちこちで熱戦が繰り広げられ、学生たちは、プロ棋士やアマ強豪との貴重な練習機会を得られ、大変有意義な練習会となりました。

また、同時開催された全日本女流アマチュア囲碁選手権大会滋賀県予選でも、県代表の座をかけて熱い戦いが繰り広げられました。

結果は以下の通り

優勝  小松有希
準優勝 井上葉月
第3位 久保田しずく

参加人数は少なかったものの、高校囲碁選手権で全国準優勝を経験した小松さんが激戦を制して、見事に滋賀県代表の座を射止めました。

全国大会でも滋賀県代表としての活躍を期待しています!



いよいよ週末は全国選抜大会出場をかけた近畿高校囲碁選手権大会です。

今週の部活は互先の特訓と棋譜採り練習&9路盤対局を中心に行いました。

明日からの近畿大会、実はちょっとしたトラブルに見舞われていますが、男女団体W入賞で全国選抜大会出場という目標に向かって、頑張ってまいります!
 

国際アマチュアペア碁選手権大会写真

 投稿者:syujo  投稿日:2018年12月 8日(土)07時10分0秒
  先日参加しました国際アマチュアペア碁選手権大会の公式HPに写真がアップされました。

http://www.pairgo.or.jp/amateur/29th/photo/

大会の様子がよくわかりますので、是非ともご覧ください!

また、学校のHPにもアップしていただきました。

http://www.hikonehg-h.shiga-ec.ed.jp/news/14931.html

こちらも併せてご覧ください!
 

第29回国際アマチュアペア碁選手権大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年12月 3日(月)22時16分49秒
  この土日に第29回国際アマチュアペア碁選手権大会に出場するため、東京へ行ってきました。

公式HPはこちら

http://www.pairgo.or.jp/amateur/29th/

この大会は、世界21カ国32の地域の予選を勝ち抜いたペアによって争われる国際大会です。

また、本戦とは別に、学生による国際ペア碁選手権、親睦交流を目的とした国際親善対局や荒木杯ハンデ戦も同時開催され、総勢200を超えるペアが出場し、華やかに開催されました。

司会や大盤解説は、日本語だけではなく英語でも行われ、さらに参加選手は前夜祭・親善対局・懇親会では自国の民族衣装を着て囲碁を楽しみます。

さらにペア碁は、「紳士淑女の社交場」という位置付けもあり、ベストドレッサー賞もあります。

審査委員長は世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコさんが務められるとあって、会場は御洒落に着飾った参加者で溢れていました。

彦根東高校囲碁部からは、近畿予選で優勝した湯地さん・野口くんペア、京滋予選で優勝した石田さん・岸くんペアが優待され、私は麻中さんとペアを組み、荒木杯ハンデ戦に出場し、さらに国際親善対局と前夜祭にも出場させて頂くという貴重な機会に恵まれました。

前夜祭前の国際親善対局では、事務局の方でペアをシャッフルして組合せをしてくださり、選手は民族衣装に着替えて対局されます。

彦根東高校囲碁部の国際親善対局のパートナーと対局相手は以下の通りです。

湯地恵美梨
パートナー:ルーカス・ポッドペラ(学生ヨーロッパ代表(チェコ))
対局ペア:ニカ・レギノウ(アマペア キプロス代表)
中條満(ペア碁協会賛助会員)

野口悠星
パートナー:アンドレア・アルピサル・ビーケス(アマペア コスタリカ代表)
対局ペア:森綾音(ハンデ戦 東海・北陸ブロック優待)
アルバート・イエン(学生 アメリカ代表)

石田梨沙
パートナー:マーティン・スティアッシニー(ヨーロッパ囲碁連盟会長(ドイツ出身))
対局ペア:サビーナ・ロドリゲス(アマペア スペイン代表)
瀧澤雄太(本戦関東甲信越ブロック代表)

岸祐一郎
パートナー:セルダ・カルン(アマペア トルコ代表)
対局ペア:二川紗也(ハンデ戦中国ブロック優待)
アンディ・オークン(アメリカ囲碁協会会長)

麻中要
パートナー:申載焄(学生 韓国代表)
対局ペア:シモナ・グルスケビチュテ(アマペア リトアニア代表)
山田規三生(プロ棋士)

坂本秀誠
パートナー:林曉彤(学生 中華台北代表)
対局ペア:青葉かおり(プロ棋士)
岩﨑和人(株式会社Qtnet代表取締役社長)



パートナーや対局相手に滋賀県から持参したお土産を渡したり、英語で自己紹介したり、お土産の説明をしたりカタコトの英語でコミュニケーションを取ろうと頑張りました。

また、翌日の大会(荒木杯ハンデ戦)では、どのペアも大健闘でした。

Aクラスの石田・岸ペアが3勝1敗で36組中13位、Bクラスの麻中・坂本ペアが4戦全勝で72組中4位、Cクラスの湯地・野口ペアが3勝1敗で36組中4位でした。

囲碁を覚えて8ヶ月の麻中さんは必死についてきて、いろいろとありましたが、大事なところで間違えなかったのが立派で、見事な全勝でした。

華やかな世界大会、英語、日本語、中国語、韓国語が飛び交う空間は、とても貴重な経験でした。

世界中でこれだけの方が囲碁を楽しんでいると知り、改めて、囲碁は世界に発信すべき素晴らしい日本の伝統文化だと再認識することができました。

これからも教育としての囲碁の普及に務め、今後もペア碁も楽しんでいきたいと思います。
 

第42回長浜中日楯囲碁大会

 投稿者:syujo  投稿日:2018年11月25日(日)20時19分51秒
編集済
  今日は、長浜で第42回中日楯囲碁大会が開催されました。

2015年に全国高総文祭が開かれた長浜市は、長浜まちづくりセンター(旧長浜公民館)を通じて、こども囲碁教室の開催など、囲碁の普及に力を入れておられる市です。

長浜では、奇数月の月末に大会(1月に会頭楯、3月に会長杯、5月に朝日楯、7月に市長杯、9月に館長杯、11月に中日楯)を実施しておられます。

この中日楯は42回目となる歴史ある大会です。

今年は、定期考査と重なってしまいましたので、彦根東高校囲碁部員は残念ながら不参加、私単独の参戦です。

参加者は全部で46名、スイス方式予選リーグハンディ戦4回戦ののち、決勝トーナメントがあります。

悪い碁ばかりでしたが、我慢して粘ってすべて逆転、なんとか優勝することができました。

これで2連覇となり、2014年、2017年に続いて3回目の優勝となりました。

これからも選手として出場できる大会、一つひとつ、大切に打っていきたいと思います。



今週末の国際アマチュア囲碁選手権大会、期末テスト期間中ですが、京滋予選、近畿予選を勝ち抜いたペアとともに、私も出場してまいります。

国際大会、楽しみながら、良い経験を積んでほしいと思います。

そして、再来週が強化練習会、そして翌週が近畿選手権と、最大目標の全国選抜大会に向けて、頑張ります!!  
 

4団体(彦根東高校、立命館大学、村田製作所、滋賀県職員)囲碁対抗戦

 投稿者:syujo  投稿日:2018年11月17日(土)19時17分59秒
編集済
  本日、第9回彦根東高校囲碁部・立命館大学囲碁研究部・村田製作所囲碁部・滋賀県職員囲碁サークル囲碁対抗交流戦が、滋賀県庁北新館で開催されました。

昨年、全国高校囲碁選抜3位の彦根東高校、昨年末、全日本大学囲碁選手権で2全国制覇を成し遂げた立命館大学は、レベルの高さ、部員数の多さ、熱心な活動で全国的にも有名です。

また、京滋職域対抗戦で毎年のように上位に勝ち残っている村田製作所と滋賀県職員(一昨年は滋賀県職員がV)も滋賀を代表する囲碁サークルです。

このような産学官(高・大・民・官)による対抗戦は全国的にもかなり珍しいと思います。

1チーム7人の団体戦で、3局打ち、申告段級位によるハンディ戦で対局しました。

また、4団体の対抗戦と並行して、交流戦も行いました。

試合結果は以下の通り。

立命館大学6-1村田製作所 滋賀県職員4-3彦根東高校
立命館大学4-3滋賀県職員 村田製作所4-3彦根東高校
立命館大学5-2彦根東高校 滋賀県職員6-1村田製作所

1位 立命館大学 団体成績3勝0敗 個人成績15勝6敗
2位 滋賀県職員 団体成績2勝1敗 個人成績13勝8敗
3位 村田製作所 団体成績1勝2敗 個人成績6勝15敗
4位 彦根東高校 団体成績0勝3敗 個人成績8勝13敗

全勝賞
対抗戦
岸(彦根東)、小島(立命館)、小山、大原、石川(以上県職員)
交流戦
後藤、河村(以上立命館)、

というわけで、学生十傑の全国大会に主力級を抜かれても、立命館大学が優勝しました。

彦根東高校は、強豪の前に3-4の接戦を演じましたが勝ち点をあげられず悔しい結果になりました。

2年生が修学旅行明けということもあり、主力メンバーの一部を体調不良で欠いた(4枚落ち)のが残念でした。

また、岸くんは主将で全勝と、県代表クラスを2枚抜いたのは立派でした。

強豪相手の他流試合に、選手はみな勉強になったと思います。

また、昼休みの時間帯を利用して、メンバー紹介、活動紹介を兼ねて交流会が行われました。

今後もこのような素晴らしい交流が続けばいいなぁと思います。
 

滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会冬季強化練習会兼級位認定大会および第61回全日本女流アマ選手権戦滋賀県大会の案内

 投稿者:syujo  投稿日:2018年11月14日(水)21時04分0秒
  12月 9日(日)下記の要領で囲碁の強化練習会を行います。

一般指導者(四段以上)、OB・OG(全国大会出場経験あり)、県内在住の小中学生(初段以上・全国大会出場者)の参加を募集します。

ふるってご参加ください。

また、全日本女流アマ選手権戦滋賀県大会を同時開催します。

初段格以上の滋賀県在住の女性の方はぜひともチャレンジしてください!

詳細はこちら



◎◎◎滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会冬季強化練習会兼級位認定大会要項◎◎◎

<主  催>
滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会

<日  時>
平成30年12月 9日(日)
        9:00  集合
        9:15  受付完了
 9:15~ 9:30  開会式
 9:30~10:50  1回戦
11:00~12:20  2回戦
12:20~13:00  昼食
13:00~14:20  3回戦
14:30~15:50  4回戦
16:10~16:30  閉会式
16:30~17:00  後始末

<会  場>
彦根東高等学校第2別館2階大会議室 (〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7)
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<参加資格>
滋賀県下の高校に在学中の1・2年生(18級以上)
他に、滋賀県内の小中学生(初段以上、全国大会滋賀県代表経験者)も参加します。

<指 導 者>
プロ棋士、各校囲碁部顧問、OB・OG(初段以上または全国大会出場経験者)、一般指導者(四段以上)

<参 加 費>
無料

<申し込み>
別紙申し込み用紙に必要事項を記入の上、11月29日(木)17時までに必着で、郵送またはFAXで下記まで申し込むこと。(締切厳守)
また、FAXで送信した場合は、大会当日に正式の申込書を持参すること。
申告した段級位の変更は、原則として認めない。
出場選手の取り消し・追加については、判明次第すぐに連絡すること。
〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町4-7 彦根東高等学校 坂本秀誠
TEL 0749-22-4800 FAX 0749-26-3879

<注  意>
段級位の申告について
二段以上を申告する場合は、滋賀県高等学校囲碁連盟の認定を受けているか、日本棋院または関西棋院発行の免状または認定状を取得していることを条件とする。
18級から初段までの申告については、特に条件はないが19路盤で対局ができ終局がわかることを18級の目安とする。
また、既に取得している級位認定状があるときは、1階級以上上の級で申告すること。(ただし初段まで)

<競技方法>
①手合い割り-1段級差1子の置き石で最大9子までとし、ジゴは白勝ちとする。
②対戦方法-次の基準で対戦相手を決定する。
(1)既に対戦した選手との対戦、同一所属の対戦(いつでも打てる相手との対戦)、指導者同士の対戦は避ける
(2)星勘定を参考にしながら、できるだけ段級位の近い者同士を当てる
③級位認定基準
(1)1級で申告
2勝以上で申告級位を認定
(2)2級で申告
3勝以上で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
(3)3~18級で申告
4勝で2級昇級、3勝1敗で1級昇級、2勝2敗で申告級位を認定
日本棋院より級位認定状を授与する。(高校生以下)
④その他-手合時計を使用し、持ち時間は35分使い切ったら1手10秒の秒読み、時間切れは形勢にかかわらず負けとする。
ただし、多面打ち指導碁における白の時間切れは判定とする。
日本棋院よりプロ棋士を招き、3面打ち指導碁を4回、計12局実施する。プロ棋士は八段格の手合いで対局し、指導碁も対局数および級位認定にカウントする。

<注意事項>
参加申込書等により取得した氏名等の個人情報および大会出場中に撮影した参加者等の肖像は、PR及び記録のため、大会プログラム、新聞、雑誌、インターネットなどへ掲載することがあるので、事前に了承した上で出場すること。

<大会当日諸注意>
①制服着用
②昼食持参
③筆記具持参



◎◎◎第61回全日本女流アマ選手権戦滋賀県大会要項◎◎◎

<主  催>
(公財)日本棋院

<主  管>
日本棋院滋賀県支部連合会・滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会

<日  時>
平成30年12月 9日(日)(滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会冬季強化練習会と同時開催)

<会  場>
滋賀県立彦根東高等学校第2別館2階大会議室(〒522-0061 彦根市金亀町4-7)
TEL 0749-22-4800  FAX 0749-26-3879

<参加資格>
滋賀県在住・在学・在勤の初段格以上の女性のアマチュアに限る。
(ただし在住・在学・在勤が2府県にまたがる場合はどちらかの府県を選択)

<競技方法>
①手合い割り
オール互先、先番6目半のコミ出しとする。
②対戦方法
トーナメント方式とする。
ただしトーナメント戦の敗者および不戦勝の選手は、同時開催する滋賀県高等学校文化連盟囲碁部会冬季強化練習会にまわり高校生と対局する。(合計4局対局)
③その他
持ち時間は各35分、使い切ったら1手10秒の秒読み、時間切れは形勢にかかわらず負けとする。
対局開始に遅刻した場合は、遅刻した時間を持ち時間から減じて対局し、20分で不戦敗とする。
対局時計の位置は白番の選手が決め、必ず着手した方の手で押すこと。
3コウ、長生などによる無勝負などで勝負の決着がつかない場合は、9路盤による決定戦を行う。(持ち時間5分使い切ったら1手10秒の秒読み)
その他のルールは日本囲碁規約により、競技中に問題が生じたときは、その場で本人が審判に申し出て判定に従うこととする。
組み合わせは、事前に申告段級位・過去の選手権の順位を考慮してシードを決めたうえで決定する。

<表  彰>
優勝者には、 3月9日(土)10日(日)に日本棋院で開催される全国大会に滋賀県代表として出場する権利を授与する。(旅費・宿泊費の補助として7,000円支給)
1位から3位までに賞状を授与する。

<参 加 料>
1000円(高校生以下、日本棋院滋賀県支部会員は無料)

<審  判>
日本棋院滋賀県支部連合会の役員があたる。

<申し込み>
ハガキまたはEメールにて、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・段級位を明記し、平成30年11月29日(木)までに、下記大会事務局まで送付すること。(締切厳守・当日受付はありませんので、必ず事前に申し込みをすること。また、お申込み後に欠席される場合は、必ず事前に連絡すること。)
Eメールで申し込む場合は、件名を「女流アマ選手権戦申し込み」とすること。

<事 務 局>
日本棋院滋賀県支部連合会事務局長 〒521-1241 滋賀県東近江市乙女浜町307 坂本秀誠
TEL 090-4303-5134 FAX 0748-45-0311
Eメールアドレス syujo@outlook.jp

<注意事項>
参加申込書等により取得した氏名等の個人情報および大会出場中に撮影した参加者等の肖像は、PR及び記録のため、大会プログラム、新聞、雑誌、インターネットなどへ掲載することがあるので、事前に了承した上で出場すること。

<日 程 表>
平成30年12月 9日(日)
       9:00  集合
       9:15  受付完了
 9:15~ 9:30  開会式
 9:30~10:50  1回戦
11:00~12:20  2回戦
12:20~13:00  昼食
13:00~14:20  3回戦
14:30~15:50  4回戦
16:10~16:30  閉会式
 

第38回近畿高等学校総合文化祭囲碁部門

 投稿者:syujo  投稿日:2018年11月13日(火)21時22分19秒
  11/10(土)11(日)に、第37回近畿高等学校総合文化祭囲碁部門が徳島県で開催されました。

近畿高等学校総合文化祭とは、近畿2府4県と隣接する徳島・三重・福井・鳥取の合計10府県の高校生による文化の祭典です。

開催府県と、その教育委員会、開催府県の高等学校(芸術)文化連盟が主催し、毎年各府県の持ち回り制で開催されています。

吹奏楽、演劇、囲碁、将棋などの部門が開催されます。

囲碁部門は、各府県から男子8名(個人戦3名と5人編成の団体戦)、女子6名(個人戦3名と3人編成の団体戦)、10府県合計140名近くが一堂に会し、互いの交流を深めました。

運営は生徒が主体であり、受付・司会進行・挨拶なども生徒が行います。

競技形式は、全国高文祭と似たような形で、男女個人戦と男女府県対抗団体戦の4種目です。

入賞者と滋賀県勢の結果は以下の通り

男子団体戦
優 勝 京都
準優勝 兵庫
3 位 大阪
4 位 滋賀
滋賀 3-2 兵庫
滋賀 5-0 徳島
滋賀 2-3 大阪
滋賀 5-0 福井
滋賀 2-3 京都

女子団体戦
優 勝 京都
準優勝 大阪
3 位 滋賀
滋賀 0-3 京都
滋賀 3-0 三重
滋賀 3-0 奈良
滋賀 0-3 大阪
滋賀 3-0 徳島

男子個人戦
優 勝 岸 祐一郎 (彦根東・滋賀)
準優勝 濱口 光琳 (伊 勢・三重)
3 位 渡辺 竜規 (西 脇・兵庫)
10位 野口 悠星 (彦根東・滋賀)
24位 八尾 和輝 (彦根東・滋賀)

女子個人戦
優 勝 中川 万脩 (洛 南・京都)
準優勝 村上 花恋 (洛 南・京都)
3 位 古家 美里 (四條畷・大阪)
11位 石田 梨沙 (彦根東・滋賀)
13位 竹田 結子 (膳 所・滋賀)
14位 久保田しずく(彦根東・滋賀)




というわけで、彦根東高校のスーパールーキー岸くんが、見事に男子個人戦で優勝、1年生女子部員で構成する滋賀県チームが女子団体戦3位入賞を果たしました。

近畿高総文祭での男子個人戦優勝は、38回目にして、彦根東高校生としては初の快挙です。(過去最高は吉川くんの3位)

女子団体戦は、全員が高校から囲碁を始めてまだ7か月のメンバーですから、とても価値ある近畿3位入賞でした。

また、男子団体戦は、初戦で優勝候補の灘高校5名で構成する兵庫県チームに3-2で勝ち幸先のよいスタートを切りました。

しかし、大阪と京都に惜しくも2-3で勝ちを逃し、最終的にはスイス方式のポイント差に泣いて4位となり、3位入賞を逃しました。

今回開催された近畿高総文祭は上の大会には繋がっていませんが、次の12月に大阪で開催される近畿高校囲碁選手権が彦根東高校にとって大一番です。

男女とも3月の全国選抜出場を目標に練習に励みたいです。

特に男子は、灘(全国優勝)、洛南(全国ベスト8)、彦根東、関西創価、他にも強豪がひしめいています。

この中からわずかに2校しか全国に行けないというハイレベルな戦いになります。

レギュラーメンバーを含む部員一同が、精神的にたくましく成長し、大人の集団になることが大切ではないかと思います。

女子は、全国優勝した洛南がダントツの戦力ですが、近畿からは3枠の全国出場枠がありますので、3位以内入賞を果たして全国大会出場を決めたいところです。

近畿高校囲碁選手権で最高のパフォーマンスを発揮できるよう応援よろしくお願いします!
 

囲碁NN対抗戦

 投稿者:syujo  投稿日:2018年10月27日(土)04時47分9秒
  https://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00061563.html?fbclid=IwAR1gazvYF1Wl10kTrVQWnFxAJvmMrFuaSnufkWXzep2iQHPvgklXRkTrVn8

この夏全国優勝した灘高校囲碁部とネットの通信制高校N高校の囲碁部の対抗戦があるみたいですね!

N高校囲碁部は3人のプロ棋士が在籍、広瀬新人王、上野女流棋聖、関二段・・・手合いは先から3子でもプロは強すぎますね・・・

いずれにしても話題性抜群の面白いイベントですね^^
 

レンタル掲示板
/90